筑波大学生命環境学群HOME > コース案内 > 授業風景 

授業風景

生物資源学類の授業風景の様子です。

専門基礎科目



専門科目Ⅰ


専門科目Ⅰ 環境工学コース

自然地域計画実習

授業概要: 世界文化遺産になった富士山を対象として山麓の製紙工場などで木質バイオマス利用について学んでから、山麓の森林から森林限界に至る多様な自然と文化がどのように計画・管理されているか実地に学ぶ。 なお、フィールドでの実習のため4月の説明会に参加したうえで履修申請すること。


スケジュール(2016.7.12~7.15)
1日目:製紙工場見学→富士山本宮浅間大社→富士山麓山の村
2日目:村山古道でのGPSによる空間データ記録
3日目:住友林業の管理する学びの森での獣害予防ヘキサチューブ撤去作業、木材を使ったビジターセンター解説、その周辺の国有林解説


専門科目Ⅱ 農林生物学コース

農林生物学実験

授業概要: 本実験は、代表的な資源生物を観察することから始め、生物生産を行う上で基盤となる資源生物の形態、生理、生態学的なとらえ方を学び、その特性について理解を深めるための基礎的知識と技術の取得を目的とする。 春学期は農林生物学に必要な基礎技術及び解析法について、秋学期はさらに発展させた技術及び研究を行う上での考え方について学ぶ。


2016.10.27


2016.11.24

専門科目Ⅱ 環境工学コース

Introduction to Foreign Literature on Bio-Systems Engineering

授業概要: EC33682 京都大学、国立台湾大学と行われる遠隔授業です。授業は英語で行われます。This is a distance learning course conducted in English with Kyoto Univ. and National Taiwan University, Taiwan. The instructors include Prof. Kitamura, Makajima, Marcos, Tofael from University of tsukuba and also Prof. Naoshi Kondo and Garry Piller from Kyoto University, and Prof. Suming Chen and Ping-Lang Yen from National Taiwan University. The scope and current trends in Bio-Systems Engineering will be introduced, followed by student presentations and discussion on topics in the field of Bio-Systems Engineering. Through this experience of international communication your reading, speaking, listening and discussion skills will be enhanced during the semester.

2017.12.4

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links