筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > コース案内 

コース案内

生物資源学類のカリキュラムには4つの専門コース3種類の横断領域科目があり、自然科学から社会科学に至る多岐に渡る学問を学ぶことができます。

4つの専門コースの特色

  • 農林生物学コース
    生物学および生命科学を基礎として、生物資源とそれを取り巻く環境資源の多様性を分子、個体、集団および生態系のレベルで究明し、 食料の持続的生産や生産環境と生態系の持続的保全管理と利活用に役立つ理論と技術を習得した人材を育成します。

  • 応用生命化学コース
    4つのサブコースに分かれ、化学及び生命科学を基礎として、生物の機能を個体から、細胞・遺伝子・分子のレベルで究明し、医療、食品、農業、 環境等の分野で活躍する人材の育成を目標としています。

  • 環境工学コース
    工学を視点として、化学・生物科学的手法も加え、生物資源の基盤である山・水・農地の利用と管理、生態環境の保全と修復、生物資源の循環利用の技術について考え、 多様な問題に総合的に取り組む基礎学力を身につけてもらうことを目指しています。

  • 社会経済学コース
    農業経済学と林業経済学の二つの学問領域から構成され、社会学と経済学を基礎に、農地や森林・林地の管理、 さらに食料や林産物の生産・流通・消費とそれを担う人や企業について学び、農林業に関する社会や国際関係のあり方、環境保全、国際協力について考究します。

3種類の横断領域科目

2年次から、専門コースを越えて課題に取り組めるように、学類の3大ポイントである「食料」・「環境」・「国際」に分けて、オーバーラップする科目を履修できます。

  • 食料領域 人類の生存にとって欠くことのできない食料に関わる科目群。
  • 環境領域 身のまわりの環境から地球環境まで、生物資源に関係する環境問題に関わる科目群。
  • 国際領域 開発途上国の農林業生産や農村問題に関わる科目群。

開設授業一覧


生物資源学類における科目区分と学年別の科目区分

平成29年度(2017年度)開設授業科目一覧(シラバス)
履修基準
   

学年別の科目区分


1年次

1年次ではクラスに所属します。クラス担任から履修・進路選択についてのアドバイスを受けます。 基礎科目及び専門基礎科目を履修することによって、幅広い能力を持つ専門家としての基礎を築きます。特に、学類の必修科目を学んで生物資源科学に対する理解を深めるとともに、 学群コア科目を履修して生命と環境に関する知識を修得します。
1年次専門基礎科目

  • 必修科目(6単位):生物資源科学入門、同実習、同演習、生物資源現代の課題
  • 選択科目(14単位以上):学群コア科目3単位以上および実験・実習・演習3単位以上

2年次

2年次では、専門科目のうち基礎的科目である各コースの専門科目Ⅰを履修することによって、専門を深めるための手法を身につけます。2年次末に、 3年次に選択する専門コースの選択を行います。(農林生物学・応用生命化学・環境工学・社会経済の4コース)。 さらに横断領域科目の専門科目Ⅰによって学術的視野を広げます。
2年次専門科目
横断領域科目(専門科目Ⅰ、2年次標準履修)

  • 必修科目(2単位):専門語学(英語)Ⅰ
  • 選択科目(21単位以上):基幹科目10~18単位、実験・実習・演習3単位以上、農林生物学・応用生命化学・環境工学・社会経済学コースの中から1つを選択
  • 自由科目(10単位以上):全コースおよび横断領域科目の中から選択

3年次

3年次は所属コースごとのクラス編成となります。4つの中から1つのコースを選び、選んだコースの専門科目Ⅱを履修することによって専門性を深めます。所属するコースの科目を中心としますが、 横断領域科目の専門科目Ⅱによって関連分野の知識を拡げます。また3年生後半には、指導教員の仮決定を行います。
3・4年次専門科目Ⅱ
横断領域科目、インターンシップ科目(専門科目Ⅱ、3・4年次標準履修)

  • 必修科目(2単位):専門科目に属する専門語学Ⅱ
  • 選択科目:農林生物学・応用生命化学・環境工学・社会経済学コースの専門科目Ⅱから、所属コースの科目を16単位以上選択(実験・実習・演習6単位以上を含む)
  • 自由科目:全コースおよび横断領域科目から選択

4年次

4年次では、引き続き専門科目Ⅱを履修すると同時に必修科目の卒業研究を実施し、一つの研究課題に対して、これまでに修得した専門的知識や手法を総合的に適用することにより、 生物資源科学をより深く理解します。
3・4年次専門科目Ⅱ
横断領域科目、インターンシップ科目(専門科目Ⅱ、3・4年次標準履修)

  • 必修科目:卒業研究(6単位) 過去の卒業研究のテーマ・・・平成28年度
  • 選択科目:全コースおよび横断領域科目から選択

  • 卒業研究の履修
    • 卒業研究は実験、実習および演習などを通じて十分な学習力をつけることを目的とします。
    • 各コースの専門科目・専門基礎科目を担当する学類構成員の教員は、卒業研究に関する学生の希望、テーマ等を勘案し、責任をもって学生を指導します(これを「指導教員」という)。学生は、指導教員のもとで卒業研究を履修します。
    • 卒業研究の指導教員は、原則として、3年次の12月1日に決定します。なお、卒業研究を履修するためには、専門基礎科目の必修科目と選択科目、 2年次の専門科目の必修科目と選択科目計43単位の中の30単位を含む90単位以上を修得していることを条件とします。
    • 卒業研究の履修は、原則として、4年次からとします(ただし、指導教員との相談の上で、3年次の12月1日より研究を開始することができます)。
※ このほか、基礎科目として総合科目(フレッシュマンセミナーを含む)、初修外国語、情報、体育、国語、芸術などの共通科目と関連科目があり、1年次を中心に必修科目・自由科目として履修します。

早期卒業制度

筑波大学では、成績優秀な学生には、2年次に45単位以上(55単位以下)の履修を認める制度があります。2年次終了時までに、卒業の要件として必要な単位数を90単位以上修得し、かつ、その修得すべき単位において、 成績の評語「A+ ・A」の割合が80%以上であれば、本人の希望により学類教育課程委員会の承認を得て3年次で卒業研究と単位修得を行い、3年以上4年未満の在学期間で卒業できる制度です。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links