筑波大学生物資源学類 教員紹介

立花 敏(たちばな さとし)

所属: 生命環境系
出身高校: 岩手県立盛岡第四高等学校
E-mail: tachibana.satoshi.gn [at] u.tsukuba.ac.jp

研究題目: 持続可能な森林管理と木材利用に向けた研究

 「日本には森林が豊富にあるにも関わらず、その利用は少なく、輸入木材に強く依存するのはなぜか?」、 「なぜ世界の森林減少は続いているのか?」という問題意識から出発し、持続可能な森林経営と木材利用に向けた方策を解明すべく、 定性的且つ定量的な研究方法によりアプローチしている。再生可能資源である森林資源を持続的に保全且つ活用することは、持続可能な社会・循環型社会の実現に大きく貢献する。そして、研究対象としては企業や個人の行動等のミクロなレベルから国家や国際的な関係までを含むマクロなレベルまでが考えられる。
 これらのことを念頭に、計量経済学的手法を用いた林産物需給・貿易等の構造分析やシミュレーション分析、聞き取り調査やアンケート調査、統計データを用いた森林所有者や素材生産業、林産業、住宅産業、製紙産業等に関する研究を行っている。

カラマツの再造林地(北海道幕別町)  カラマツ材を使った集成材(北海道紋別市)

  カラマツ長伐期優良大径材生産施業地(北海道置戸町、1961年植栽) 北海道の地域材を用いて建築されている住宅(北海道旭川市)