筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > 生物資源学類案内 > 生物資源科学の総合的探求のために 

生物資源科学の総合的探求のために

 生物資源学類では、人間を含む多様な生物の生命現象、それを支える地球環境、 さらには生物資源の保全や持続的活用に関する総合的探求を通して、豊かな人間性と問題発見・解決能力を養い、 国際的視野に立って活躍できる未来創造型の人材の育成を教育目標としています。

生物資源科学を知る

 生物資源科学の総論を学ぶ「生物資源科学入門」、生物資源科学の最前線を理解する「生物資源現代の課題」、 近隣の研究所への訪問や生物資源利用の現場の体験を通じて学ぶ「生物資源科学実習」、自ら問題を調べ発表する「生物資源科学演習」 を1年次の必修科目として設置しています。


学際的視野を深める

 食料・環境・国際の横断領域科目、および進学を希望するコース以外の科目を積極的に履修することで、自分自身の専門性を学際的に位置づけることが可能になります。


専門性を高める

 2年次、3年次における各コース開設の専門科目の履修を通じて、専門的学術研究を行う上での知識・技能を確立します。これらの専門科目群には、 実験・実習・演習科目が設置されており、それらを修めることで、問題発見・解決能力、研究実施能力を身につけていきます。
 4年次にはこれらの知識・技術能力を適用動員することで一つの研究課題に卒業研究として取り組みます。

ナシの摘果 ナシの摘果 キノコの植菌
ナシの摘果        クンシラン鉢上げ        キノコの植菌

実践し、社会貢献の可能性を求める

 生物資源学類では、国際的視野を養う講義も豊富に用意されています。海外協定校での実地体験の他に、筑波国際センター(JICA筑波)等で研修する「国際インターンシップ科目」、 つくば市など地域の企業や団体で活動する 「食と緑のインターンシップ科目」により、学生自らがコミュニケーション能力、キャリアアップマインド、国際性や社会貢献意欲を高めることができます。
 また、「国際農業研修」他、各種インターンシップ科目の履修を積極的に行うことで、生物資源科学の問題をグローバルにもローカルにも発見する能力を身につけるとともに、 生物資源科学の社会貢献の可能性を理解していきます。

インターンシップ科目

「国際農業研修 Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ」
海外協定校での農学関連科目の履修や地域での視察によるプログラムが組まれています。これらの大学の学生との交流も盛んに行われます。
「国際農業研修 Ⅱ」
筑波国際センター(JICA筑波)での研修プログラムによって環境、農学、農村開発関連での国際協力の問題について理解します。
(※ 教育のグローバル展開について)

「食と緑の農林生物学インターンシップ、食と緑の環境工学インターンシップ」
つくば市周辺から地方に至るまで食や環境に関連したNPO、NGO、企業、研究所、行政機関などの活動に参加することで、学理の実践を通して、 豊かな感性と確かな社会貢献マインドを醸成します。

「全国森林公開実習」
公開森林実習とは全国大学演習林協議会に参加する大学の農学部の学生が他大学の「公開森林実習」を受講でき単位が取得できる実習です。筑波大学もこの全国大学演習林協議会に参加しています。 亜寒帯から亜熱帯の様々な大学の演習林で砂防、林業、森林生態などの実習ができます。

参加学生の感想

「食と緑の環境工学インターンシップを通じて」 佐藤 雄介さん(2015年度環境工学コース3年次)
 私は「食と緑の環境工学インターンシップ」で農村工学研究所の広域防災担当にお世話になり、2週間の実習をして来ました。このインターンシップに参加した理由は、 公務員の仕事や農村工学研究所で行われている研究に興味があったからです。私のインターンシップ先である農村工学研究所では、農村振興という政策目的の達成や農地・ 農業用施設の災害対策のための技術開発、およびその提供を行っています。特に広域防災担当では、農地と農村の防災・減災のための調査・予測手法の開発に取り組んでいます。
 実習では地下の調査手法の習得と農地保全の理解を目的として、技術講習と地すべり対策工事の見学を行いました。まず、 技術講習では地面を掘らずに地層の厚さや地盤の強弱、水の地下への浸透の仕方を調査し、その原理が興味深いと思いました。次に、 工事見学では工事の目的や規模といった行政的な事情から工事の方法まで説明してもらい、行政に対して自分の考えを持つことができました。
 このインターンシップを通じて、防災について理解を深めたのはもちろんのこと、積極的に実際の現場を学ぼうとする姿勢が大切だと実感しました。 また、研究員や県職員、農水省の方々と一緒に話や作業をする機会があったため、公務員の方々がどのような仕事をしているのかを知り、将来を考える上で良い経験ができました。 インターンシップで学んだ貴重な知識や経験を今後の活動に活かしていこうと思います。

「食と緑の農林生物学インターンシップを通じて」 荻原 麻衣さん(2014年度4年次)
 昨年度、私は「食と緑のインターンシップ」で、つくばアーバンガーデニング(TUG)という、 街の花壇の整備や花を通したイベントなどの活動を行っているNPO法人さんの下で一年間、活動に参加しました。私は、 緑を通したまちづくりのあり方や地域のNPO法人がどのように地域や行政と関わっているのか知りたいと思い、このインターンシップに参加しました。
 実際に活動してみて、全てを知ることができたわけではありませんが、ここでNPOが担っている重要な役割みたいなものが少しわかった気がしました。 TUGを通して、ボランティアさん、地域の方、協力して下さる他団体の方々など、年齢や立場の違う様々な人が交流できる場となっていることを感じました。 そこで出会った方々のお話や姿勢から学ぶことも多くありました。
 花壇の手入れ、企画の準備など、細かい一つ一つの作業が全体につながっていて、 一つのプロジェクトを成し遂げるために多くの労力の集約が必要なのだということを実感しました。外部から何かをいうことは簡単だけれど、 実際に続けていくということは相当のことなのだと思いました。そしてそれは一人ではできないことなのだと思います。
 この活動を通して学んだことは、実際にやるということが大事なのだということです。実際にやるのは頭の中で考えるほど単純にはいかないことが多いです。 失敗もつきものです。経験をするチャンスはあると思います。何をするにしても、意識が大事なのだと思います。大学生活では、 最後までやり遂げたといえる経験をしてほしいと思います。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links