筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > 生物資源学類案内 > 学類長からのメッセージ 

学類長からのメッセージ

「生命科学系の総合科学に挑む」

生物資源学類長 北村 豊

生命環境学群 生物資源学類長
北村 豊
Yutaka Kitamura

 本学類が学問として追求する「生物資源学(農学)」とは何でしょうか?日本の科学者を代表する日本学術会議によれば、「食料や生活資材、環境を対象として、 ①生物資源の探索・開発・利用・保全、②農林水産分野の生産基盤システムの高度化、③農林水産分野の多面的機能の保全・利用、 を目的とする基礎と応用からなる生命科学系の総合科学である」と定義されています。「総合科学」というからには、それを支えるための幅広い基礎を身につける必要があります。 それは生物学だけでなく、化学、物理学、数学、地学といった自然科学から、人文・社会科学と呼ばれる経済学、社会学、法学、歴史学、地理学なども含みます。 また解決すべき問題を見いだし、基礎と連携した専門的な手法を用いてそれらに対処する応用力も獲得しなければなりません。卒業研究は正にその最初の訓練となるわけですが、 本学類では専門性の異なる「農林生物学」、 「応用生命化学」、 「環境工学」、 「社会経済学」のいずれか1つのコースを選択し、切り口の異なる課題解決力を修得します。

 また農学の特殊性として「ローカル性」があります。農林水産業では気候や地域などによって生産性や収穫物が異なるため、農学もこのローカルな視点を大切にします。 一方、世界的な異常気象や食料難、環境汚染など、地球規模で発生する課題も数多くあります。ここで求められるのがグローバルな視点です。筑波大学は国から 「スーパーグローバル大学(トップ型)」に指定され、地球規模課題の解決にも積極的に取り組んでいます。10人に1人は留学生というキャンパスでは、 学習だけでなく交友関係においても語学(英語)力の向上が必要不可欠です。さらに、農学はヒトも含めた自然界すべての生物資源を研究対象とするわけですから、 我々には人並み以上の健康と体力も求められています。

 このように農学を志すのは実は大変なことであり、私自身も大学の恩師から 「農学は他の学類生の2倍勉強しなければいけない」と言われたことをよく覚えています。しかし安心してください!大学生には誰にも邪魔されない自由な4年間があります。 我々教職員が教室、実験室、実習フィールドといった学びの場を提供すると共に、皆さんの道案内役を務めます。「責任と義務」を自覚しつつ、 「自由」を謳歌し、農学・生物資源学の発展に貢献して下さい。

2016年4月 
筑波大学 生物資源学類長 
北村 豊 

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links