筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > 生物資源学類案内 > 教育のグローバル展開 

教育のグローバル展開

海外拠点大学間のネットワークと国際協力

 筑波大学は海外の200以上の大学と協定を締結しており、3か月程度~1年の交換留学することができます。大学全体で、グローバル人材育成の一環として協定校への海外留学を推進しています。

協定校への海外留学

 生物資源学類では、特にタイ王国「カセサート大学」、 アメリカ合衆国「コーネル大学」および「ユタ州立大学」、フランス共和国「ボルドー大学」、「国立台湾大学」との有機的な連携により、 単位互換可能な相互短期留学制度(4~12ヶ月間)を実施しています。これらの大学の学生が本学類に滞在する際には、学生同士の積極的な交流が行われています。

☆留学先の単位を読み替えて筑波大学の卒業単位とすることが可能

☆成績条件等をクリアすると各種奨学金への応募が可能

☆文部科学省の支援により往復航空運賃が支給されるプログラム有(ロシア・中央アジア・東南アジア・中南米)


海外短期研修(授業科目)

 生物資源の専門知識を海外へ広げる、さらに海外留学への動機づけの目的で、生物資源学類では、 フランス・アメリカ・タイ・台湾で2週間~1か月間の国際農業研修を実施しています。(※国際農業研修Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ。国際農業研修Ⅱは、国内のインターンシッププログラムです。詳細は シラバスをご覧ください。)
 また、「国際農業研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」のインターンシップ科目以外にも、様々な形でグローバルな教育プログラムの実践、および学生間の国際交流が行われています。


樹木サンプルの解析デモンストレーション

現地教授による特別講義
フランスでの研修


熱帯環境下での有機肥料作成実習

現地学生との文化交流活動
タイでの研修

グローバル体験(授業以外)


専門語学研修・国際ボランティア

 生物資源学類では、国際教育およびコミュニケーション能力向上を目的として、夏季休業中に開催される専門語学研修、または国際ボランティア活動へ学生を派遣しています。

   
アメリカ・ニュージャージー州で実施された専門語学研修

国際的視野を養う講義 等

 生物資源学類の授業には、専門的な語学(英語)を学ぶ授業や、外国人教員による英語の授業があり、「国際インターンシップ科目 (国際農業研修 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・IV)」が用意されていますが、さらに、 国際化拠点整備事業(グローバル30) で2010年から生命環境学際コースが開設されました。
 筑波大学には、TOEFLやTOEICの点数を単位に読みかえる制度、海外の大学への留学制度、国際機関での 研修制度などがあり、本人の努力によって豊かな国際性を身につけることができます。またチューター制度スチューデント・コモンズ(語学力アップイベント、留学生との交流イベントなど) などもあります。

G30先輩と桜サイエンス後輩の交流会   G30先輩学生と桜サイエンス学生集合写真
 G30先輩と桜サイエンス後輩の交流会   G30先輩学生と桜サイエンス学生集合写真

生命環境学際プログラム(G30プログラム)

 外国人留学生のために生命環境学群(生物資源学類・生物学類・地球学類)で運営している英語のみで卒業できるプログラムです。2010年度から開設されました。
 コースは、生命環境科学分野の確かな専門基礎力を身につけ、地域および世界の環境・エネルギー・食料問題の解決に貢献する国際人の養成を目的とします。 このプログラムには海外の協定校から短期留学生として多くの学生が留学しています。
 通常の日本語プログラムに在籍する生物資源学類生も、本プログラムの多くの科目を留学生と一緒に履修することができます。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links