筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > 生物資源学類案内 > カリキュラムの特徴 

カリキュラムの特徴

自分で選び自分でつくるカリキュラム

生物資源学類では、専門的に学んでいく上で、他学群・他学類の授業も含めた多くの授業の中から自分自身で授業を選び、 カリキュラムを組み立てていくことができます。
生物資源科学の総論を学ぶ「生物資源科学入門」、現場を体験して学ぶ「生物資源科学実習」、 生物資源科学の最前線を理解する「生物資源現代の課題」、自ら問題を調べ発表する「生物資源科学演習」を 学類の必修コア科目として全員が履修します。

  • 学群コア科目
    生命環境学群を構成する生物学類・生物資源学類・地球学類がそれぞれ持っている独自の学問分野についても授業を履修し、 生命環境学群の理念である「生命と環境」について学際的に学んでゆくことができます。
  • 4つのコース
    1・2 年次に基礎を学んだ上で、3年次からは「農林生物学」、「応用生命化学」、 「環境工学」、 「社会経済学」の4コースのうち1つに所属し、専門的な研究をしていきます。
    各コースでは、体系的な専門科目の履修に加え、実験・実習・演習の充実を図り、問題発見・問題解決能力の 向上を目指す実践的な教育プログラムを提供します。
  • 3種類の横断領域科目
    コースに所属しながらも、対象にこだわる学生には、自由科目として選択できる「食料」・「環境」・「国際」の 3種類の科目群が用意されており、問題解決を意識した研究を進めることもできます。ここには領域科目独自の授業も開講されます。
  • インターンシップ科目
    海外協定校での実地体験、筑波国際センター(JICA筑波)等での研修を単位として認める 「国際インターンシップ科目」を用意し、学生自らが国際性をみがく機会を提供します。また、 つくば市など地域の企業や団体で活動する 「食と緑のインターンシップ科目」により、学生自らがコミュニケーション能力、キャリアアップマインド、国際性や社会貢献意欲を高めることができます。
  • 入学前・入学後の自己学習プログラム
    入学者の多様な履修状況に応じた入学前・入学後の自己学習プログラムを提供し、学習意欲の向上とともに、 確かな専門基礎学力の修得を実現します。(※ リメディアル教育について

きめ細やかな教員のアドバイス ― クラス担任制度・卒業研究 ―

生物資源生産科学実習  クラス担任制度により、経験豊かな教員のアドバイスを個別に受けることができます。3年次になるとコース別に クラス編成がなされ、そのコースの教員が担任になります。専門的な相談をより受けやすい環境が整います。4年次になる と希望する専門分野の研究室に所属し、教員によるマンツーマンの指導のもとで、卒業研究が進められます。


農林学類(生物資源学類の前身)卒業生の研究者グループがイグ・ノーベル賞を受賞!

 生物資源学類の前身の農林学類の卒業生で、いずれもハウス食品グループに勤める今井真介さん、柘植信昭さん、朝武宗明さんらの研究グループが、 2013年のイグ・ノーベル賞化学賞を受賞しました。イグ・ノーベル賞受賞受賞理由は、「タマネギが人に涙を流させることは、従来、科学者が考えていたよりも、 もっと複雑な生化学作用が関わっていたことを発見したことについて」です。
 1991年に創立されたイグ・ノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるもので、 ノーベル賞のパロディとして知られていますが、受賞研究はいずれも学術的価値の高いものです。今回、今井さんたちが受賞した研究は、 タマネギを切ると涙が出る原因物質ができる化学反応のしくみを解明したもので、2002年に「Nature」誌に発表されました。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links