筑波大学生命環境学群HOME > 生物資源学類HOME > 生物資源学類案内 

生物資源学類案内

食糧問題も、自然災害対策も 、医薬品開発も、社会経済の発展も。
ここでは人と環境が調和する社会をめざす学問になる 。

 はるか昔から人類は動植物や微生物といった生物資源をたくみに利用して社会を発展させてきました。その一方で食料問題や環境問題など、直面する課題も大きく、深刻になっています。
 本学で学ぶ「生物資源学」とは、そのような人と地球が抱える問題を解決するために、さまざまな分野からアプローチしていく総合科学のこと。環境に配慮しながら資源を利用していける社会を実現するという壮大な試みです。
 生物資源学の最前線に立ち、地球の未来を担う人材を育てる私たちはこう考えています。「この学問は大きく、複雑だ。だからこそ、この学問は面白い。」

生物資源学類の教育目標

 人類の生存、安全で豊かな生活の基本である生物資源に関する総合的な知識を有し、地域的かつ地球的視野をもって、わが国及び世界の食料の確保、環境と調和した生物資源の開発・保全と持続的利用に貢献できる人材を養成します。

求める人材

 生物資源、農林業、環境保全に関心が強く、広範な学問を学ぶことができる柔軟な思考力を持ち、自ら問題を発見し解決に取り組むとともに、それを内外に伝え論理的に説明することができる意欲のある人材を望んでいます。

卒業者に授与する学位

・学士(生物資源学)Bachelor of Bioresource Science
・学士(農学)※
※ 農学は、Japan-Expert(学士)プログラム学生のみ

学位授与の方針

筑波大学学士課程の教育目標及び本学群・学類の人材養成目的に基づき、学修の成果が次の到達目標に達したと認められる者に、学士(生物資源学)の学位を授与します。

  • 自然・人間・文化の本質を理解できる幅広い知識を修得している。
  • 多様な生物資源利用に関する体系的な専門的知識とそれを社会で活用できる能力、あるいは大学院でさらに高度な専門的探求ができる能力を修得している。
  • 生物資源の開発・利用分野における海外協力に必要な異文化理解能力とコミュニケーション能力を修得している。
  • 情報通信技術(ICT)を駆使して生物資源利用に関する情報や知識を分析し、それらを内外に受発信できる。
  • 農林業の発展や食料・環境問題に対する貢献意欲を持ち、卒業後も自己成長を続ける力を備えている。

達成すべき水準

  • 自然・人間・文化の本質を理解できる幅広い知識と自らを律して行動できる能力の修得。
  • 多様な生物資源利用に関する体系的な専門的知識を身に付け、直接社会で活用できる能力、あるいは大学院でさらに高度な専門的探求ができる能力の修得。
  • 食料・環境分野における海外協力に必要な異文化理解能力とコミュニケーション能力の修得。
  • ITを活用して情報や知識を分析し、地域・世界に生物資源情報を受発信できる能力の修得。
  • 食料や環境問題に対する貢献意欲を持ち、卒業後も自己成長を続ける力の修得。

教育の質の保証と改善の方策

  • 1、2年次クラス担任と授業担当者ならびに学類ファカルティ・ディベロップメント(FD)委員会とクラス代表者会議とによる
    クラス連絡会を学期ごとに開催し、継続的なカリキュラム改善を実行します。
  • 4年次にカリキュラムの満足度に対する学生アンケートを行い、カリキュラムの総合的改善を実行します。
  • 科目ごとに学生による授業評価を行い、その結果を授業担当教員に通知することにより、授業内容や教授法の改善を実行します。
  • FD活動の一環として、教員間の授業参観、授業資料の共有、授業間連携強化、授業改善の勉強会や打ち合わせを実施します。
  • 1、2年生に専門コース説明会、3年生に専門コース内の研究室説明会を実施し、3年次での専門コースへの進級と4年次での卒業研究が円滑に進むようサポートしています。
  • 3年次専門コースへの進級及び4年次卒業研究の開始に必要な履修要件を設定し、厳格な成績評価に基づいて進級、卒業を認定します。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP


Access | Sitemap | Privacy Policy | Links